飲んだくれ税理士受験生のブログ

税理士試験の勉強の事や、税法科目免除大学院の入試対策、研究計画書の書き方を載せたいと思います!時々、美味しいものが食べれて美味しいお酒が飲めるお店を紹介します!笑

税法科目免除対象大学院入試の口述試験(面接)について

こんにちは。のんだくれわんこです。

 

今回は、大学院入試の口述試験(面接)について綴りたいと思います。私が受けたのは、2019年4月の入学に向けた、2018年の秋に実施された大学院の入試です。

 

戦績としては、4校中、3校に合格しました。面接の感想としては、基本的には会社の面接のような内容ですが、大学院の面接ではより論理的説明をする必要があると感じました。面接で質問された、主な内容は以下の通りです。

 

・大学院の志望動機

・なぜこの研究計画書のテーマにしたのか

・会計事務所でどのような業務を行ってきたか

卒業論文のテーマは何か

・卒業後のプランについて

・租税法についての知識はあるか(ある大学院のみ)

・租税法律主義の「意義」と「内容」を説明してください(ある大学院のみ)

・「租税回避」、「節税」、「脱税」についてそれぞれ違いを説明してください(ある大学院のみ)

 

上記の他、仕事の具体的な業務内容や税理士試験の状況、学部時代に勉強していた事等を聞かれますが、基本的にはどこの大学院も聞いてくることは上記内容で網羅できているのではないかと思います。

 

特に「志望動機」「なぜこの研究計画書なのか」をしっかり答えることができれば、合格に近づくと感じました。最初に受けた大学院については、上記2つをまともに答えることができなかったため、不合格したと感じています。

 

また、私は卒業論文を書いていないので、「卒業論文のテーマは何か」の質問に対しては、卒業論文は書いていないが、

 

①論文作成に係る市販の教材を購入し、現在、論文体系等を勉強しているという点

②大学院1年目の早い時期から修士論文の情報収集を行うことで、論文作成を前倒しで行っていく

 

と、上記2点を伝えることで、卒業論文を書いていないというハンデを補えます、とアピールしました。

 

以上、大学院入試での口述試験(面接)の内容でした。


 

税法科目免除対象の大学院入試のための研究計画書について

こんにちは。のんだくれわんこです。

 

今回は、税理士の税法2科目を免除とすることができる、税法科目免除対象の大学院入試で必要な、研究計画書について綴りたいと思います。

 

まず、研究計画書とは、簡単に言うと、「貴大学院で〇〇を研究させてください!」という思いを面接官に伝える、いわばラブレターのようなものです。文字数やフォーマットは大学院ごとに異なりますが、合否を決めるのに一番重要な書類となります。

 

研究計画書を書く際に私が留意した点は、

 

①実務経験に基づくテーマであること

②独自の視点で問題定義していること

③社会的意義のある研究である、という事を伝えること

 

①につきましては、私の場合、実務経験に基づいたテーマにすることにより、より文章に説得力が増したと感じております。ある方は、「研究計画書は、自分の人生観を伝えること」とおっしゃっていましたので、私も自分の人生観を研究計画書に詰めました。

 

実務経験が無い方については、修士論文でよく用いられている論点を参考にテーマを考え、自分なりにどう研究したいかを書くと良いのではないでしょうか。

 

②については、いわゆるパクリではないということ。研究計画書の書き方についての多くの書籍が出ており、大学院に合格された方の合格体験記が紹介されていますが、これらは参考にするまでに留めた方が良いと思います。独自の視点から問題定義することで、教授の目に留まるのではないでしょうか。

 

③については、 大学院は「社会的意義のある研究をする場」であると思いますので、研究計画書の締めとして意識しました。「この〇〇の研究をすることで、〇〇の観点から、社会的意義のある研究であると考えている」、という文章を最後に用いることで、研究計画書が締まります。

 

結局のところ、「貴大学院でこの研究をしたい!」という熱意が伝われば、大学院の入試は 良い結果が出るのではないでしょうか。

 

次回は、実際に大学院を受験した際に、面接でどのようなことを質問されたかを綴りたいと思います!


 

税理士として独立するための第一歩

はじめまして。のんだくれわんこです。

 

税理士を目指し、会計事務所で働いてきましたが、なかなか仕事と勉強との両立が出来なかったため、思い切って仕事を辞め、今現在、勉強に専念しています。

 

上手く仕事との両立が出来なかった要因(言い訳)として、

 

①常に忙しく残業が多いため、勉強時間を確保することができなかった

②ある程度の給与を確保できていたため、現状の生活に満足をしていた

③いつか税理士資格を取って独立できたらいいなー、としか思っていなかった

 

私と同じように、上記理由から税理士取得が捗っていない方々がいるのではないでしょうか。

 

私の場合、仕事をしていると、勉強をしていてもどうしても仕事が気になり、勉強が捗らないので、思い切って退職をし、勉強しようと考えました。

 

また、勉強に専念すると共に、税法免除の大学院へ来年から4月から通学します。大学院卒業後、税理士として独立をする予定です。

 

今後、このブログを通じて、税理士試験の勉強状況、税法科目免除大学院の入試対策や研究計画書の書き方を綴っていきたいと考えています。

 

また、美味しいものを食べながら美味しいお酒を飲むことが趣味なので、同じように税理士試験を勉強されている方で、たまには息抜きに飲みに行きたい!と考えている方々に美味しくちょい飲みできるお店を紹介していきますので、よろしくお願いします!